UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > チェール・サネン

チェール・サネン

魂のグラウンド&パウンドでファンを魅了するパワフルな人気ファイター

アメリカ出身のチェール・サネンは、卓越したレスリング技術と強烈な打撃で対戦相手を圧倒するパワフルなファイターです。

力強いタックルでテイクダウンを奪い、パウンドとヒジ打ちの連打で勝負を決める「グラウンド&パウンド」は、チェール・サネンが得意とする攻撃ですね。

チェール・サネンの戦いは、とにかくパワフル。「ボコボコにして勝つ」という表現がピッタリのわかりやすい肉弾戦を堪能することができます。体幹がめちゃめちゃ強く、ボディーバランスに優れているので、無理なポジションからでも力強い攻撃を仕掛けることができるんです。

「序盤からガンガン攻撃して主導権を握り、最後は体力勝負で押し切る」。チェール・サネンは戦い方がシンプルで、派手な動きをするファイターではありません。どちらかと言えば、玄人好みの堅実なファイターだと思います。

しかし、チェール・サネンと戦う相手は肉体的にも精神的にも追い込まれ、ヘロヘロになるんです。これぞ、チェール・サネンがUFC屈指のタフなファイターと呼ばれる理由、そして、対戦相手が嫌がる理由だと思います。粘っこい総合格闘技の醍醐味を堪能できるファイターなんです。

確かなテクニックに裏付けされたパワフルな攻撃で人気のチェール・サネンは、UFC55でオクタゴンにデビュー。しかし、レナト・ババルに2ラウンド一本負けを喫し、ほろ苦いUFCデビューとなりました。

UFCのデビュー戦で黒星を喫したチェール・サネンは、その後、WECや他団体で経験を積み、UFC95でオクタゴンに復帰。ブラジリアン柔術を駆使して全勝の快進撃を続けるデミアン・マイアと対戦します。

武者修行の成果を披露したいチェール・サネンでしたが、結果は1ラウンド一本負け。世界屈指の柔術テクニックを誇るデミアン・マイアの華麗な三角締めに、なす術なく敗れ去った内容でした。

約3年ぶりのUFC復帰戦で持ち味を発揮することなく、敗れ去ったチェール・サネン。しかし、ここから真価を発揮します。UFC98で岡見勇信選手の代役としてダン・ミラーと対戦し、3ラウンド判定勝ちを飾ります。

ダン・ミラーに快勝したチェール・サネンは、UFC104で岡見勇信選手に3ラウンド判定勝ち。さらに、UFC109でネイサン・マーコートにも3ラウンド判定勝ちを飾り、3連勝でタイトル挑戦のチャンスを手にします。

ターゲットは「ミドル級の絶対王者」と呼ばれるアンデウソン・シウバ。下馬評は「アンデウソン・シウバ圧倒的有利」でしたが、いざ試合が始まると、チェール・サネンが序盤からアンデウソン・シウバを圧倒します。

チェール・サネンはアンデウソン・シウバから次々とテイクダウンを奪い、強烈なパウンドとヒジ打ちを浴びせます。4ラウンドが終わり、「サネンが勝つよ。完全に圧倒してるもん」と番狂わせの実現を期待したUFCファンは管理人だけでないと思います。

しかし、最終ラウンド残り2分、上からパウンドを打ち続けるチェール・サネンは一瞬のスキを突かれ、アンデウソン・シウバに腕ひしぎ三角固めを許してしまいます。結果は無念のタップアウト。すぐそこまで引き寄せた王座がこぼれ落ちた瞬間でした。

敗れはしましたが、初のUFCタイトル挑戦で大きな存在感をみせたチェール・サネン。UFC136の復帰戦でブライアン・スタンに3ラウンド判定勝ちの快勝を飾った直後「アンデウソン・シウバ、おまえは本当にクズ野郎だ。オレとUFCの歴史に残る再戦をしようぜ」と強烈なマイクパフォーマンスで観客を盛り上げます。

大観衆の前で再戦を要求したチェール・サネンは、アンデウソン・シウバへの挑戦権をかけて、UFC on FOX2でマイケル・ビスピンと激突。3ラウンド判定勝ちを飾り、悲願の再戦チケットを手にしました。

UFC史上最大の遺恨マッチはUFC148で実現。リベンジに燃えるチェール・サネンは1ラウンドから猛攻を仕掛け、テイクダウンを奪い、アンデウソン・シウバを圧倒します。

「サネンが勝つかも」と思ったのですが、2ラウンドにバックハンドブローを空振りしてバランスを崩し、倒れてしまいます。痛恨のミスが形勢逆転のきっかけとなり、最後はアンデウソン・シウバのパウンドを浴びて、無念のTKO負け。リベンジを果たすことはできませんでした。

アンデウソン・シウバに連敗を喫したチェール・サネンですが、勇猛なファイトスタイルと絶大な人気を高く評価され、TUFシーズン17のコーチに就任。2013年4月に開催された恒例のコーチ対決で、UFCライトヘビー級チャンピオンのジョン・ジョーンズに挑戦します。

しかし、結果は無念の1ラウンドTKO負け。チェール・サネンらしく、開始直後から積極的に攻撃を仕掛けますが、若きスーパースターのジョン・ジョーンズにはね返され、パウンドとヒジ打ちの連打を浴びてしまった完敗でした。

2試合連続でタイトル奪取に失敗したチェール・サネンですが、2013年8月に開催されたUFC Fight Nightでマウリシオ・ショーグンに1ラウンド一本勝ちを飾り、復活をアピール。強豪のマウリシオ・ショーグンを見事なギロチンチョークで仕留めた復活劇でした。

再起戦に快勝したチェール・サネンはUFC167でラシャド・エバンスと激突。しかし、結果は無念の1ラウンドTKO負け。チャンピオンのジョン・ジョーンズに再挑戦するための重要なサバイバルマッチで、良き友人で良きライバルであるラシャド・エバンスに完敗を喫してしまいました。

パワフルな攻撃と強烈なマイクパフォーマンスで世界中のUFCファンを魅了するチェール・サネン。「ミドル級の絶対王者」アンデウソン・シウバを最も苦しめた「アメリカン・ギャングスター」の勇猛な戦いぶりに今後も注目ですね。

チェール・サネンのプロフィール

ニックネーム アメリカン・ギャングスター
出身地 アメリカ
誕生日 1977年4月3日
戦績 44戦29勝14敗1分
関連リンク チェール・サネンの関連ニュースと試合結果
UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > チェール・サネン

次回のナンバー大会はUFC194

UFC194の対戦予定カードとテレビ放送日時

UFC194は因縁の王座統一戦!UFCフェザー級チャンピオンのジョゼ・アルドと暫定チャンピオンのコナー・マクレガーがついにオクタゴンで激突します。

さらに、クリス・ワイドマン対ルーク・ロックホールドのUFCミドル級タイトルマッチも開催。2015年のラストを飾るナンバー大会は超豪華ダブルタイトルマッチです!

テレビ放送日時 12月13日(日)正午からWOWOWでライブ中継
対戦予定カード
  • ジョゼ・アルド vs コナー・マクレガー
  • クリス・ワイドマン vs ルーク・ロックホールド
UFCナンバー大会の試合結果
UFCファイター
UFC系列大会の試合結果
ジ・アルティメット・ファイター
UFCニュース