UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > フランク・ミア

フランク・ミア

強打とテクニックを武器に頂点へ登りつめたサウスポーのUFCファイター

アメリカ出身のフランク・ミアはブラジリアン柔術黒帯のグラウンド技術とボクシングで鍛えた打撃を武器に戦うサウスポーのUFCファイターです。

ヘビー級ファイターとしては珍しいサウスポースタイルで数々の熱戦を演じ、オクタゴンを熱狂の渦に包む人気ファイターですね。

フランク・ミアはスタンディング、グラウンドのどちらでも戦うことができ、KO勝ち、一本勝ちのどちらでも決着をつけることができる幅広いファイトスタイルを持っています。パワーを前面に押し出して戦うファイターが多いUFCヘビー級において、テクニックで勝負することができる代表的なファイターがフランク・ミアなんです。

技巧派サウスポーのフランク・ミアが初のUFCタイトルを獲得したのは2004年6月。UFC48でティム・シルビアの持つUFCヘビー級タイトルに挑戦したフランク・ミアは1ラウンドわずか50秒で一本勝ちを収め、悲願のUFCタイトルを手に入れます。

しかし、その3か月後、バイク事故により、大腿骨を骨折。長期離脱を余儀なくされ、UFCタイトルを剥奪されてしまいます。25歳の若きUFCチャンピオンが天国から地獄へ突き落ちた瞬間でした。

約1年半のブランクを経て、オクタゴンへ戻って来たフランク・ミアですが、精彩を欠く試合が続きます。そんな不安を抱えるフランク・ミアが再浮上を果たすきっかけとなった試合がUFC81で行われたブロック・レスナー戦です。

オクタゴン参戦が決定したブロック・レスナーのデビュー戦の相手として、フランク・ミアに白羽の矢が立ったのです。結果はフランク・ミアがブロック・レスナーを一本勝ちで撃破。この勝利で、フランク・ミアは再びタイトル戦線へ浮上します。

勢いを取り戻したフランク・ミアはUFC92でヘビー級暫定チャンピオンのアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに挑戦。フランク・ミアはスタンディングでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを圧倒し、2ラウンドTKO勝ちで暫定タイトル奪取に成功します。初戴冠から4年半ぶりにUFCタイトルを取り戻した瞬間でした。

暫定タイトルを手にしたフランク・ミアはUFC100でチャンピオンのブロック・レスナーと王座統一をかけて激突。しかし、リベンジに燃えるブロック・レスナーのパワフルな攻撃に押し切られて2ラウンドKO負けを喫し、タイトルの統一に失敗してしまいます。

再起をかけるフランク・ミアはUFC107でシェイク・コンゴと対戦。フランス人ファイターとして初のUFCタイトル挑戦を狙うシェイク・コンゴを鮮やかなギロチンチョークで締め落とし、1ラウンド一本勝ちで再起戦に快勝します。

そして迎えたUFC111。フランク・ミアはUFCヘビー級暫定タイトルをかけてシェイン・カーウィンと激突。しかし、シェイン・カーウィンの強打に圧倒され、1ラウンドKO負けで暫定タイトルを手にすることはできませんでした。

シェイン・カーウィンに完敗を喫し、限界説がささやかれ始めたフランク・ミアですが、UFC119でPRIDEを席巻したミルコ・クロコップに3ラウンドTKO勝ちを収め、健在ぶりをアピール。UFCタイトル獲得の奪還に意欲をみせます。

再びタイトル戦線に浮上してきたフランク・ミアはUFC130でロイ・ネルソンと激突。お互いが序盤から激しく削り合う消耗戦の末、フランク・ミアが「ビッグカントリー」ロイ・ネルソンに3ラウンド判定勝ちを収め、UFC屈指のタフガイを退けます。

2連勝で迎えたUFC140。フランク・ミアは雪辱に燃えるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと再戦。強烈な打撃の前に「あわやKO寸前」のピンチに追い込まれたフランク・ミアですが、大逆転のアームロックでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに一本勝ちを収め、「柔術マジシャン」アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに初めて一本勝ちしたファイターとして新しい勲章を手にしました。

大きな勝利を手にしたフランク・ミアに思わぬチャンスが訪れます。UFC146でヘビー級チャンピオンのジュニオール・ドス・サントスに挑戦するはずだったアリスター・オーフレイムから使用禁止薬物が検出され、フランク・ミアに王座挑戦のチャンスが巡ってきたのです。

千載一遇のチャンスを手にしたフランク・ミアは王座返り咲きを目指してジュニオール・ドス・サントスに挑戦。しかし、ボクシング技術で上回るジュニオール・ドス・サントスのパンチを浴び、結果は無念の2ラウンドTKO負け。得意のグラウンドで勝負させてもらえない苦しい展開でした。

再起をかけるフランク・ミアは2013年4月に行われたUFC on FOX7でダニエル・コーミエと対戦。結果は、3ラウンド大差の判定負け。ストライクフォースから移籍した全勝ファイターのパワーに屈した完敗でした。

連敗で崖っぷちへ追い込まれたフランク・ミアは2014年2月に開催されたUFC169でアリスター・オーフレイムと激突。「負けたファイターがUFCをリリースされるサバイバルマッチ」とウワサされた大一番は、フランク・ミアの3ラウンド判定負け。アリスター・オーフレイムの強打に持ち味のテクニックを消されてしまった完敗でした。

以前に比べてパワー負けすることが増えたフランク・ミア。しかし、数々の激戦を勝ち抜いた経験と衰えることのない闘志はまだまだ健在です。

ヘビー級屈指のテクニシャンは失ったタイトルと輝きを取り戻すことができるでしょうか?フランク・ミアの最終章に世界中のUFCファンが注目しています。

フランク・ミアのプロフィール

出身地 アメリカ
誕生日 1979年5月24日
戦績 25戦16勝9敗
獲得タイトル
  • UFCヘビー級タイトル
関連リンク フランク・ミアの関連ニュースと試合結果
UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > フランク・ミア

次回のナンバー大会はUFC194

UFC194の対戦予定カードとテレビ放送日時

UFC194は因縁の王座統一戦!UFCフェザー級チャンピオンのジョゼ・アルドと暫定チャンピオンのコナー・マクレガーがついにオクタゴンで激突します。

さらに、クリス・ワイドマン対ルーク・ロックホールドのUFCミドル級タイトルマッチも開催。2015年のラストを飾るナンバー大会は超豪華ダブルタイトルマッチです!

テレビ放送日時 12月13日(日)正午からWOWOWでライブ中継
対戦予定カード
  • ジョゼ・アルド vs コナー・マクレガー
  • クリス・ワイドマン vs ルーク・ロックホールド
UFCナンバー大会の試合結果
UFCファイター
UFC系列大会の試合結果
ジ・アルティメット・ファイター
UFCニュース