UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > ジョゼ・アルド

ジョゼ・アルド

圧倒的な強さで「軽量級最強」を証明するブラジル生まれのスーパースター

ブラジル出身のジョゼ・アルドは、天性の俊敏性と強烈な打撃、柔術黒帯の寝技を兼ね備えた軽量級を代表するUFCファイターです。

UFC初代フェザー級チャンピオンとして、UFCの歴史に名前を刻み、オクタゴンで強豪を相手に完全勝利を重ねながら世界的な人気を獲得したスーパースターです。

最強の称号「パウンド・フォー・パウンド」の上位にランキングされるジョゼ・アルドのファイトスタイルはめちゃめちゃ攻撃的。スタンディングの打撃を好み、パンチとキックのどちらでも相手をKOする破壊力を持っています。

特筆すべきはジョゼ・アルドの多彩な打撃です。パンチはストレート系、フック系、アッパー系のすべてがコンパクトで、しかも当て勘がすごいんです。

鋭い左ジャブで距離を計算しながら、中間距離から右ストレート、接近戦で左右のフック、相手が飛び込んできたら右アッパーを叩き込みます。

パンチだけでなく、キックも超一級品。特に対戦相手のフットワークを封じ込める右ローキックが強烈で、長丁場のタイトルマッチ(5分5ラウンド)では抜群の効果を発揮します。

また、天性の瞬発力を生かした一撃必殺のヒザ蹴りも得意で、自慢の足技を駆使して数々の強豪をオクタゴンに沈めてきました。

「軽量級最強」のUFCファイターとして、世界的な地位を確立したジョゼ・アルドは、2004年8月にMMAデビュー。17歳のデビュー戦を白星で飾ると、その後、メキメキと頭角を現し、2008年6月にWECデビューを果たします。

WECデビューから5連続TKO勝利の快進撃を続けたジョゼ・アルドは2009年11月、マイク・ブラウンの持つWECフェザー級タイトルに挑戦。結果は、2ラウンドTKO勝ちでタイトル奪取に成功し、WEC6連勝を飾ります。

この頃から「ジョゼ・アルドこそ軽量級最強のファイター」という総合格闘技ファンの声が一気に大きくなります。

その後もWECタイトルの防衛を重ね、評価を上げ続けるジョゼ・アルド。2010年10月、WECがUFCに統合されることが決まり、UFCで新設されたフェザー級の初代チャンピオンに認定されました。

初代UFCフェザー級チャンピオンとなったジョゼ・アルドは2011年4月、カナダで開催されたUFC129でマーク・ホミニックと激突します。

カナダ出身のマーク・ホミニックに大声援が降り注ぐ完全アウェイの状況でしたが、結果は序盤から試合を有利に進めたジョゼ・アルドの判定勝ち。UFCタイトルの初防衛を飾ります。

UFCチャンピオンとなっても勢いの衰えないジョゼ・アルドは2011年10月に開催されたUFC136でケニー・フロリアンに判定勝ちを飾り、2度目の防衛に成功します。

ライト級タイトルに挑戦した経験を持つ実力者のケニー・フロリアンに対して、ジョゼ・アルドが速射砲のような打撃を上下に打ち分けて圧倒した内容でした。

圧倒的な強さを証明し続けるジョゼ・アルドは2012年1月に母国ブラジルで開催されたUFC142で全勝のチャド・メンデスを挑戦者に迎えます。

接戦を予想する声もあった3度目の防衛戦でしたが、ジョゼ・アルドが1ラウンド終了間際に強烈なヒザ蹴りをチャド・メンデスに叩き込み、全勝の挑戦者をオクタゴンに沈める圧勝を飾ります。

圧倒的な防衛を重ねるジョゼ・アルドは2013年2月にラスベガスで開催されたUFC156でUFCライト級の頂点に輝いた経験を持つフランク・エドガーと対戦します。

結果は、ジョゼ・アルドが5ラウンド判定勝ちで4度目の防衛に成功。フランク・エドガーの粘り強い戦いを冷静な試合運びでかわし切り、改めて「フェザー級最強」の強さを証明した防衛戦でした。

難敵を撃破したジョゼ・アルドは2013年8月に母国ブラジルで開催されたUFC163でジョン・チャンソンと激突。「コリアン・ゾンビ」の異名を持つジョン・チャンソンの攻撃とタフネスに手を焼きますが、4ラウンドTKO勝ちを飾り、5度目の防衛に成功しました。

絶対的な強さを誇示するジョゼ・アルドは2014年2月に開催されたUFC169でリカルド・ラマスと激突。序盤から得意のローキックを中心に攻め込み、結果は5ラウンド判定勝ちで6度目の防衛に成功。強豪のリカルド・ラマスが「普通のファイター」に見えてしまう圧巻の防衛劇でした。

快進撃を続けるジョゼ・アルドは2014年10月、ランキング1位のチャド・メンデスを母国ブラジルに迎え、2年9か月ぶりの再戦で激突します。結果は、ジョゼ・アルドの5ラウンド判定勝ち。最強チャレンジャーのチャド・メンデスの攻撃に苦しめられる場面もありましたが、大事な場面でクリーンヒットを叩き込み、7度目の防衛に成功しました。

「UFC軽量級最強」から「MMA最強」へ進化を続けるジョゼ・アルド。天性の俊敏性と破壊力抜群の打撃を兼ね備えたコンプリートファイターは、最強の称号「パウンド・フォー・パウンド」へ向けて着実に歩みを進めています。

UFC軽量級の人気を支えているジョゼ・アルドの戦いに今後も注目しましょう。

ジョゼ・アルドのプロフィール

出身 ブラジル
誕生日 1986年9月9日
戦績 26戦25勝1敗
獲得タイトル
  • UFCフェザー級タイトル
関連リンク ジョゼ・アルドの関連ニュースと試合結果
UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > ジョゼ・アルド

次回のナンバー大会はUFC194

UFC194の対戦予定カードとテレビ放送日時

UFC194は因縁の王座統一戦!UFCフェザー級チャンピオンのジョゼ・アルドと暫定チャンピオンのコナー・マクレガーがついにオクタゴンで激突します。

さらに、クリス・ワイドマン対ルーク・ロックホールドのUFCミドル級タイトルマッチも開催。2015年のラストを飾るナンバー大会は超豪華ダブルタイトルマッチです!

テレビ放送日時 12月13日(日)正午からWOWOWでライブ中継
対戦予定カード
  • ジョゼ・アルド vs コナー・マクレガー
  • クリス・ワイドマン vs ルーク・ロックホールド
UFCナンバー大会の試合結果
UFCファイター
UFC系列大会の試合結果
ジ・アルティメット・ファイター
UFCニュース