UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > リョート・マチダ(LYOTO)

リョート・マチダ(LYOTO)

日系ファイター初のUFCチャンピオンの輝いたブラジルの「ドラゴン」

日系2世のブラジル人ファイター、リョート・マチダ(LYOTO)は、日本生まれの空手や相撲をベースにしたファイトスタイルで群雄割拠のライトヘビー級で頂点に輝いたUFCファイターです。

レスリングや柔術、キックボクシングをベースしたファイターが多いUFCで、空手をベースにチャンピオンベルトを手にした異色のファイターですね。

基本的な構えはサウスポーですが、右構え(オーソドックススタイル)で戦うこともできる万能性を持ち合わせています。

半身になって戦う空手家独特の構えで、自分の距離を大切に戦い、相手の攻撃に慣れてくると、離れた距離からキック、飛び込んでパンチを打ち込んで一気に勝負を決めてしまう「一撃必殺」の打撃を得意としています。

数々の強豪を撃破してきたリョート・マチダですが、オクタゴンを離れると、温和な性格の好青年として知られています。

オクタゴン・イン、オクタゴン・アウトをする際はお辞儀を欠かさず、インタビューでは対戦相手をいつもリスペクト。まさに、武道の礼儀を重んじるオクタゴンの「サムライ」です。

ちなみに、リョート・マチダの名前を漢字で表記すると、町田龍太。ニックネームは「ドラゴン」です。日本にルーツを持ち、「龍」の文字を持つリョート・マチダにピッタリのニックネームですね。

「大和魂」を持つブラジルの「ドラゴン」リョート・マチダは2003年5月に日本でデビュー。アントニオ猪木さんにスカウトされたリョート・マチダはデビュー戦で謙吾選手と対戦し、3ラウンド判定勝ちでデビュー戦を白星で飾ります。

その後、日本を主戦場に連勝を重ね、2007年2月、UFC67でオクタゴンに初参戦。UFCデビュー戦でサム・ホーガーと対戦したリョート・マチダは3ラウンド判定勝ちでオクタゴン初参戦初勝利を手にし、群雄割拠のUFCライトヘビー級に殴り込みをかけます。

UFC参戦当初から全勝ファイターとして注目され、中村和裕選手、ソクジュ、ティト・オーティズなどの実力者を撃破したリョート・マチダですが、判定勝ちが多く、激しいファイトスタイルを好む一部のUFCファンから「逃げ腰ファイター」として揶揄されることがありました。

しかし、UFC94で行われたチアゴ・シウバ戦で衝撃のKO勝利を飾り、評価が急上昇!MMA14戦全勝の快進撃を続けるリョート・マチダはUFC98で悲願のUFCタイトル奪取をかけて、無敗チャンピオンのラシャド・エバンスに挑戦します。

結果は2ラウンド衝撃のKO勝ちでUFCタイトル奪取に成功。ラシャド・エバンスが失神しながらオクタゴンに崩れ落ちる衝撃のタイトル奪取でした。

全勝のままUFCライトヘビー級の頂点にたどり着いたリョート・マチダは「UFCで最も防衛することが難しい」と言われるライトヘビー級で主役の座を手にしたのです。

一躍UFCの主役に躍り出たリョート・マチダはUFC104でマウリシオ・ショーグンと激突。ブラジル人対決として注目された初防衛戦で僅差の判定勝ちを収め、辛くもタイトル防衛に成功します。しかし、お互いに決定打を欠く試合展開に、勝敗をめぐるファンの意見は真っ二つに割れました。

その結果、UFC113で再戦が決定。世界中のUFCファンが完全決着を期待する因縁の再戦を制したファイターはマウリシオ・ショーグンでした。マウリシオ・ショーグンの強打を浴びたリョート・マチダは1ラウンドKO負けで王座陥落。MMA初黒星は屈辱の完敗でした。

王座陥落から6か月、再起を目指すリョート・マチダはUFC123でオクタゴンにカムバック。元UFCライトヘビー級チャンピオンのクイントン・ランペイジ・ジャクソンと激突したリョート・マチダですが、結果はお互いが持ち味を発揮する激戦の末、僅差の判定負けでUFC2連敗を喫してしまいます。

崖っぷちに追い込まれたリョート・マチダはUFC129でランディ・クートゥアと対戦。UFCの発展に多大な貢献をしてきた「金網の鉄人」の引退試合の相手を務めたリョート・マチダは、驚愕の前蹴りでランディ・クートゥアをオクタゴンに沈め、見事な復活KO勝利を飾ります。

衝撃の復活を果たし、タイトル戦線へ戻ってきたリョート・マチダはUFC140でジョン・ジョーンズの持つUFCライトヘビー級タイトルに挑戦するチャンスを手にします。タイトル奪取に燃えるリョート・マチダでしたが、結果はジョン・ジョーンズに衝撃の一本負け。ギロチンチョークで締め落とされ、オクタゴンに沈む屈辱の敗戦でした。

完敗を喫したリョート・マチダはUFC on FOX4でオクタゴンに復帰。タイトル奪還の足がかりとなる大事な再起戦でライアン・ベイダーと対戦します。結果は2ラウンドKO勝ち。ライアン・ベイダーを一撃で失神させる完璧なカウンターで、タイトル戦線復帰を果たしました。

劇的な勝利で復活をアピールしたリョート・マチダはUFC157でライトヘビー級タイトル挑戦権をかけてダン・ヘンダーソンと激突。大接戦の末、2-1の判定勝ちを飾り、UFCライトヘビー級タイトル挑戦へ大きな一歩を踏み出しました。

激闘を制したリョート・マチダは2013年8月、母国ブラジルで開催されたUFC163に出場。ライトヘビー級ランキング7位のフィル・デイビスと対戦します。結果は、まさかの判定負け。ランキング1位までのぼり詰めていたリョート・マチダにとって悪夢の敗戦でした。

予想外の黒星を喫したリョート・マチダはライトヘビー級からミドル級へ転向。2連勝を飾り、迎えた2014年7月。UFC175のメインイベントでミドル級チャンピオンのクリス・ワイドマンに挑戦するはずだったビクトー・ベウフォートの欠場が決まり、タイトルマッチのチャンスがめぐってきます。

UFC史上3人目の2階級制覇をかけてオクタゴンに上がったリョート・マチダは、全勝チャンピオンのクリス・ワイドマンに対して、独特の間合いから繰り出す強烈な打撃を浴びせます。しかし、結果は、無念の5ラウンド判定負け。2階級制覇の夢は果たせませんでしたが、会場に詰めかけたファンが魂の攻撃で逆転勝利を目指したリョート・マチダに大きな拍手を送った名勝負でした。

2階級制覇を向けた再始動したリョート・マチダは2015年4月、UFC on FOX15のメインでルーク・ロックホールドと激突します。結果は、衝撃の一本負け。立ち上がりからルーク・ロックホールドにグラウンドでコントロールされ、スタミナを奪われてしまい、圧倒された無念の一本負けでした。

日系ブラジル人ファイターとして、オクタゴンを舞台に数々の名勝負を繰り広げてきたリョート・マチダ。武道の精神を重んじるブラジルの「ドラゴン」は世界中の実力者がひしめくUFCで頂点に返り咲く「昇り龍」となれるでしょうか?

空手をベースにオクタゴンで異色の輝きを放つリョート・マチダの戦いに注目ですね。

リョート・マチダ(LYOTO)のプロフィール

出身地 ブラジル
誕生日 1978年5月30日
ニックネーム ドラゴン
戦績 28戦22勝6敗
獲得タイトル
  • UFCライトヘビー級タイトル
関連リンク リョート・マチダ(LYOTO)の関連ニュースと試合結果
UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > リョート・マチダ(LYOTO)

次回のナンバー大会はUFC194

UFC194の対戦予定カードとテレビ放送日時

UFC194は因縁の王座統一戦!UFCフェザー級チャンピオンのジョゼ・アルドと暫定チャンピオンのコナー・マクレガーがついにオクタゴンで激突します。

さらに、クリス・ワイドマン対ルーク・ロックホールドのUFCミドル級タイトルマッチも開催。2015年のラストを飾るナンバー大会は超豪華ダブルタイトルマッチです!

テレビ放送日時 12月13日(日)正午からWOWOWでライブ中継
対戦予定カード
  • ジョゼ・アルド vs コナー・マクレガー
  • クリス・ワイドマン vs ルーク・ロックホールド
UFCナンバー大会の試合結果
UFCファイター
UFC系列大会の試合結果
ジ・アルティメット・ファイター
UFCニュース