UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > マイケル・ビスピン

マイケル・ビスピン

イギリスに総合格闘技ブームを巻き起こしたパイオニア

イギリス出身のマイケル・ビスピンは、ハイレベルな打撃とクレバーな戦術を兼ね備えたファイターです。UFC登竜門番組「ジ・アルティメット・ファイター」のシーズン3で優勝を飾り、UFCと正式契約を結んだマイケル・ビスピンは、イギリス総合格闘技界のパイオニアとして、世界的な人気を誇ります。

マイケル・ビスピンのバックグラウンドはキックボクシング。素早いフットワークを生かして中間距離から叩き込む鋭いワンツーは、マイケル・ビスピンの大きな武器です。また、ヒジ打ちも得意で、いろいろな角度から打撃を打てるバリエーションの豊富さこそ、マイケル・ビスピンの強みだと思います。一撃で倒すというより、連打で相手が我慢できなくなり、崩れ落ちるパターンが多いですね。

マイケル・ビスピンの名前が一躍有名になったきっかけは、UFC登竜門番組の「ジ・アルティメット・ファイター」。通称「TUF」と呼ばれる人気リアリティ格闘番組のシーズン3に出場したマイケル・ビスピンは、ティト・オーティズのコーチを受け、ライトヘビー級で見事に優勝を果たします。

一躍脚光を浴びることになったマイケル・ビスピンはUFC66でナンバー大会デビュー。エリック・シェイファーに1ラウンドTKO勝ちを飾り、UFCのナンバー大会初勝利を手にします。勢いに乗るマイケル・ビスピンはUFC70でエルビス・シノシックに2ラウンドTKO勝ち、UFC75でマット・ハミルに3ラウンド判定勝ちを飾り、ナンバー大会3連勝を飾ります。

一気にライトヘビー級のトップ戦線へ浮上したマイケル・ビスピンは、UFC78でTUFシーズン2優勝者のラシャド・エバンスと激突。将来を期待されるマイケル・ビスピンとラシャド・エバンスの全勝対決は大接戦の末、マイケル・ビスピンが僅差の判定で敗れ、MMA初黒星を喫してしまいます。

総合格闘技の連勝が14で止まったマイケル・ビスピンは、ライトヘビー級からミドル級へ階級を下げ、UFC83で復帰。チャールズ・マッカーシーに1ラウンドTKO勝ちを飾り、再起戦で勝利を手にすると、UFC85でジェイソン・デイ、UFC89でクリス・レーベンを退け、3連勝を飾ります。

オクタゴンを舞台に活躍を続けるマイケル・ビスピンの実力と人気に目をつけたUFCは、マイケル・ビスピンをTUFシーズン9のコーチに抜擢。「チームUK」のコーチに就任したマイケル・ビスピンは、決戦の舞台となったライト級とウェルター級の両階級でダン・ヘンダーソン率いる「チームUSA」を撃破し、教え子を優勝に導きます。

コーチとしても優秀であることを証明したマイケル・ビスピンはUFC100でダン・ヘンダーソンと対戦。恒例のTUFコーチ対決として、世界中のUFCファンが注目した大一番でしたが、結果はダン・ヘンダーソンの強烈なパンチとヒジ打ちを浴び、屈辱のKO負け。MMA初のKO負けはUFCの歴史に残る壮絶な失神KO負けでした。

UFC105でデニス・カーンに2ラウンドTKO勝ちを飾り、再起を果たしたマイケル・ビスピンは、UFC110でタイトル戦線浮上をかけて実力者のヴァンダレイ・シウバと激突。結果は、壮絶な死闘の末、マイケル・ビスピンの3ラウンド判定負け。ヴァンダレイ・シウバのパワフルな攻撃に屈した内容でした。

3敗目を喫したマイケル・ビスピンはUFC114のダン・ミラー戦でオクタゴンに復帰。大差の判定勝ちを飾り、復活をアピールします。母国イギリスで開催されたUFC120では、日本の秋山成勲選手と激突。「反骨の柔道王」を圧倒し、3ラウンド判定勝ちをおさめます。

UFC127でホルヘ・リベラに2ラウンドKO勝ちを飾ったマイケル・ビスピンは再び「TUF」のコーチに就任。14回目のシーズンを迎えた格闘リアリティ番組で、相手コーチのジェイソン・メイヘム・ミラーと舌戦とイタズラ合戦を繰り広げ、番組を大いに盛り上げます。

TUF14のフィナーレでは、恒例のコーチ対決でジェイソン・メイヘム・ミラーと激突。得意の打撃を打ち込み、1ラウンドからジェイソン・メイヘム・ミラーを圧倒したマイケル・ビスピンは3ラウンドTKO勝ちを飾り、4連勝を記録します。

悲願のタイトル挑戦へ向けて前進するマイケル・ビスピンは、UFC on Fox2でチェール・サネンと対決。勝ったファイターが、ミドル級絶対王者のアンデウソン・シウバへの挑戦権を獲得する大一番でしたが、結果は3ラウンド判定負け。敗れはしましたが、マイケル・ビスピンらしい戦いをみせてくれた、すばらしい試合でした。

再起をかけるマイケル・ビスピンはUFC152でブライアン・スタンと対戦。タイトル戦線へ踏み止まるためにも負けられないマイケル・ビスピンは僅差の判定勝ちで大熱戦を制し、英米を代表する人気ファイター対決に勝利しました。

2013年1月、マイケル・ビスピンに再び大きなチャンスがめぐってきます。舞台は、ブラジルで開催されたUFC on FX7。UFCのデイナ・ホワイト社長が「勝てば、タイトル挑戦権を与える」と宣言したのです。

対戦相手はブラジル出身のビクトー・ベウフォート。敵地で悲願のタイトル挑戦権を手にしたいマイケル・ビスピンでしたが、結果は2ラウンドTKO負け。ビクトー・ベウフォートの左ハイキックを浴び、オクタゴンに沈んでしまいました。

再起をかけるマイケル・ビスピンは2013年4月に行われたUFC159で、アラン・ベルチャーと対戦します。結果は、3ラウンド負傷判定勝ち。マイケル・ビスピンの指がアラン・ベルチャーの目に入るアクシデントがありましたが、文句なしの判定勝ちで再起戦をクリアしました。

UFC登竜門番組で優勝を飾り、オクタゴンを舞台に活躍を続けるマイケル・ビスピン。イギリスの総合格闘技ブームに火をつけたパイオニアは、悲願のUFCタイトル獲得へ向け、世界の強豪と名勝負を繰り広げています。トップ戦線を走り続けるマイケル・ビスピンの雄姿に今後も注目ですね。

マイケル・ビスピンの関連ニュース

2013/01/12 ビスピンがベウフォートに勝利でUFCタイトル挑戦へ
2012/09/17 ライトヘビー級へ転向か?初王座を狙うビスピンの野望

マイケル・ビスピンが出場したUFC大会の試合観戦レビュー

UFC159 マイケル・ビスピンvsアラン・ベルチャー
UFC on FX7 マイケル・ビスピンvsビクトー・ベウフォート
UFC152 マイケル・ビスピンvsブライアン・スタン
UFC127 マイケル・ビスピンvsホルヘ・リベラ
UFC120 マイケル・ビスピンvs秋山成勲
UFC114 マイケル・ビスピンvsダン・ミラー
UFC110 マイケル・ビスピンvsヴァンダレイ・シウバ
UFC100 マイケル・ビスピンvsダン・ヘンダーソン

マイケル・ビスピンのプロフィール

ニックネーム ザ・カウント
出身地 イギリス
誕生日 1979年2月28日
戦績 30戦25勝5敗
TUFコーチ経験
UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > マイケル・ビスピン

次回のナンバー大会はUFC194

UFC194の対戦予定カードとテレビ放送日時

UFC194は因縁の王座統一戦!UFCフェザー級チャンピオンのジョゼ・アルドと暫定チャンピオンのコナー・マクレガーがついにオクタゴンで激突します。

さらに、クリス・ワイドマン対ルーク・ロックホールドのUFCミドル級タイトルマッチも開催。2015年のラストを飾るナンバー大会は超豪華ダブルタイトルマッチです!

テレビ放送日時 12月13日(日)正午からWOWOWでライブ中継
対戦予定カード
  • ジョゼ・アルド vs コナー・マクレガー
  • クリス・ワイドマン vs ルーク・ロックホールド
UFCナンバー大会の試合結果
UFCファイター
UFC系列大会の試合結果
ジ・アルティメット・ファイター
UFCニュース