UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > ロイ・ネルソン

ロイ・ネルソン

でっかいお腹とハートと拳でTUFの優勝を勝ち取った「ビッグ・カントリー」

アメリカ出身のロイ・ネルソンは、真正面から打ち合う豪快な打撃とヘビー級屈指のタフネスを誇るUFCファイターです。

ロイ・ネルソンを簡単に表現すると、丸くてデカイ!「プヨプヨ」で全く引き締まっていないボディーはロイ・ネルソンの特徴で、ニックネームは「ビッグ・カントリー」。UFCファイターの中で一番しっくりくるニックネームですね。

UFCのデイナ・ホワイト社長が「本当にみっともないよ」と苦笑する体型を見ると、UFCファイターとは思えないロイ・ネルソン。でも、オクタゴンに足を踏み入れると、外見からは想像できないスムーズな動きと的確な打撃、そして驚異的な打たれ強さで対戦相手を自分のペースに引き込み、試合を決めてしまうんです。

基本的にスタンディングの打撃戦を好むファイターですが、グラウンドで戦うこともできる幅の広さを持っています。実はロイ・ネルソン、ヘンゾ・グレイシーの弟子で柔術は黒帯なんです。あの「まるまるとしたお腹」で上に乗られると、対戦相手は身動きできませんよね(笑)

UFC屈指のまるまるとした体型を誇るロイ・ネルソンの名前をアメリカに広めた原動力はUFC登竜門番組の「The Ultimate Fighter」。通称TUF(タフ)です。

アメリカで絶大な人気を誇る格闘リアリティ番組のシーズン10(ヘビー級)に出場したロイ・ネルソンは、決勝戦でブレンダン・シャウブと激突し、渾身の右ストレートでKO勝ちを収め、見事に優勝を果たします。

TUFシーズン10に優勝し、UFCとの正式契約と10万ドルの賞金を手にしたロイ・ネルソンは2010年3月、長身ファイターのステファン・ストルーブと激突します。

ロイ・ネルソンはステファン・ストルーブの左ジャブ、右ローキックをもらいながらも前進を続け、開始30秒、右ストレートのカウンターでダウンを奪い、一気にパウンドを連打してTKO勝ちを飾ります。

2連続KO勝ちで2連続ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞したロイ・ネルソンは2010年8月に行われたUFC117でヘビー級トップファイターのジュニオール・ドス・サントスと激突します。

しかし、結果は無念の3ラウンド判定負け。立ち上がりからジュニオール・ドス・サントスの強打に苦しめられ、自慢の攻撃力を発揮できないまま、3ラウンド判定負けを喫してしまった、ほろ苦い敗戦でした。

完敗でしたが、UFC最強のボクシング技術を誇るジュニオール・ドス・サントスの強打を浴び続けながらも、判定まで持ち込んだロイ・ネルソンのタフネスぶりに驚いたUFCファンも多いのではないでしょうか?

再起をかけるロイ・ネルソンは2011年5月に開催されたUFC130でフランク・ミアと対戦。結果は3ラウンド判定負け。フランク・ミアに組みつかれ、自慢の強打を発揮できないまま、3ラウンド終了のブザーを迎え、連敗を喫してしまいます。

崖っぷちに追い込まれたロイ・ネルソンは2011年10月に行われたUFC137でミルコ・クロコップと対戦。「伝説の総合格闘家」ミルコ・クロコップとオクタゴンで初遭遇したロイ・ネルソンは、持ち味の突進力を生かして序盤から壮絶な打撃戦を展開します。

ミルコ・クロコップのラッシュに追い詰められる場面もありましたが、最後はパウンドの連打で仕留め、3ラウンドTKO勝ち。試合後にミルコ・クロコップが引退を表明したため、ロイ・ネルソンは最後の対戦相手となりました。

トップファイターと戦い続けるロイ・ネルソンは2012年2月、UFC143で「皇帝ヒョードルを倒した男」ファブリシオ・ベウドゥムと対戦します。

悲願のUFCタイトル挑戦へ近づきたいロイ・ネルソンですが、身長で10センチ上回るファブリシオ・ベウドゥムのヒザ蹴りに苦しめられ、結果は3ラウンド判定負け。自慢の強打と突進力が空回った試合でした。

悔しい敗戦を喫したロイ・ネルソンは2012年5月に開催されたUFC146でデイブ・ハーマンと激突。再起をかける大事な試合で、1ラウンド秒殺KO勝ちを飾り、存在感を大きくアピールします。ロイ・ネルソンの一撃強打がデイブ・ハーマンをオクタゴンに沈めた衝撃の試合でした。

TUFシーズン16のコーチに就任したロイ・ネルソンは恒例のコーチ対決でシェイン・カーウィンと対戦する予定でしたが、シェイン・カーウィンがケガをしてしまい、マット・ミトリオンと戦うことになります。

結果はロイ・ネルソンの1ラウンドKO勝ち。TUFシーズン10出身のファイター対決を制し、改めてヘビー級トップファイターであることを証明する豪快なKO勝利でした。

豪快なKOを続けるロイ・ネルソンは2013年4月に行われたUFC159で、シェイク・コンゴと激突します。結果は、会心の1ラウンドKO勝ち。わずか2発で勝利を引き寄せた、ロイ・ネルソンらしい圧勝でした。

3連続KO勝利でヘビー級のランキング5位に浮上したロイ・ネルソンは2013年6月に行われたUFC161で新鋭のスティーペ・ミオシッチと対戦。4連続KO勝利を期待されたロイ・ネルソンですが、結果は無念の3ラウンド判定負け。スティーペ・ミオシッチの的確な打撃と懐の深さに強打を封じ込められた完敗でした。

悲願のタイトル挑戦が遠のいたロイ・ネルソンは2013年10月に開催されたUFC166で全勝のダニエル・コーミエと対戦します。結果は、3ラウンド判定負け。ダニエル・コーミエの軽快なフットワークと鋭い攻撃に持ち味を消され、UFC2連敗を喫してしまいました。

UFC2連敗で崖っぷちに追い込まれたロイ・ネルソンは2014年4月に開催されたUFC Fight Night39でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと激突します。結果は、圧巻の1ラウンドKO勝ち。得意のオーバー・ハンド・ライトと右フックでプレッシャーをかけ、最後はワンパンチでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラをオクタゴンに沈める快勝でした。

連敗を脱出したロイ・ネルソンは2014年9月に開催されたUFC JAPAN 2014でマーク・ハントと対戦します。結果は、2ラウンドKO負け。打撃とタックルを組み合わせて戦ったロイ・ネルソンですが、マーク・ハントのパンチを浴び、少しずつ動きが鈍り、最後は右アッパーを浴びて顔面からオクタゴンに崩れ落ちるUFC初のKO負けでした。

UFC初のKO負けを喫してしまったロイ・ネルソンは2015年3月に開催されたUFC185でアリスター・オーフレイムと対戦します。しかし、結果は3ラウンド判定負け。アリスター・オーフレイムの動きについていくことができず、再起戦で勝利を飾ることはできませんでした。

TUFシーズン10で優勝を飾り、33歳でUFCデビューを果たした「遅咲きのヘビー級ファイター」ロイ・ネルソン。UFCファンを惹きつける勇敢なファイトスタイルと大きな体で、オクタゴンを舞台に「でっかい夢」を手にすることができるでしょうか?

悲願のUFCヘビー級タイトル挑戦まで、あと一歩のところで痛恨の敗戦が続くロイ・ネルソン。「お腹をさする」勝利のポーズが超個性的な「ビッグ・カントリー」の逆襲に期待しましょう。

ロイ・ネルソンのプロフィール

ニックネーム ビッグ・カントリー
誕生日 1976年6月20日
戦績 32戦21勝11敗
TUFコーチ経験 TUFシーズン16
関連リンク ロイ・ネルソンの関連ニュースと試合結果
UFC総合格闘技ファン.net > UFCファイター > ロイ・ネルソン

次回のナンバー大会はUFC194

UFC194の対戦予定カードとテレビ放送日時

UFC194は因縁の王座統一戦!UFCフェザー級チャンピオンのジョゼ・アルドと暫定チャンピオンのコナー・マクレガーがついにオクタゴンで激突します。

さらに、クリス・ワイドマン対ルーク・ロックホールドのUFCミドル級タイトルマッチも開催。2015年のラストを飾るナンバー大会は超豪華ダブルタイトルマッチです!

テレビ放送日時 12月13日(日)正午からWOWOWでライブ中継
対戦予定カード
  • ジョゼ・アルド vs コナー・マクレガー
  • クリス・ワイドマン vs ルーク・ロックホールド
UFCナンバー大会の試合結果
UFCファイター
UFC系列大会の試合結果
ジ・アルティメット・ファイター
UFCニュース