使い捨てコンタクトレンズのコスト感覚を考えよう

pixta_43685757_S

使い捨てコンタクトレンズは手軽に使用出来て不要になったら処分できるので便利ですが、使い終わったら捨てるという利用方法は、通常のコンタクトと比べると費用の点で問題が出ることがあります。
この問題を正しく評価するには、コンタクトを使用したことによる対費用効果を算出する方法が有効です。
算出の基準になる要素は継続時間と内在枚数、購入費用や使用感覚などがあります。

継続時間の評価はコンタクト1枚あたりで使用することができる時間が元になり、使用する事ができる時間が長いほど取り替える枚数が軽減されるので優れているといえます。
内在枚数は出来るだけ多い方が望ましいのですが、枚数が多くても継続時間が短い場合もあるのでその点は注意が必要です。
これらの基準を元にして実際に購入にかかる費用と照らし合わせて1枚あたりにかかる対価が低いもの、つまりなるべく長い時間使用できて枚数も多く価格が安い物が対費用効果が優れていると言えます。

ただしいくら対費用効果が高いと物といっても、使用中に目に違和感を感じたり異常を生じさせるような物を使用することは目の健康面で好ましくないので、使用感覚や目の状態に合っているかを確認する事も大切です。