コンタクトが原因のドライアイに気を付けましょう

Japanese woman in a living room

目の表面は水分で覆われています。目を開いたままだとだんだん乾いてくるため、乾燥を防ぐためにまばたきをし、涙を目の表面に行きわたらせ、潤わせています。最近ではコンタクトレンズの存在が非常に身近になったことや、それを長時間装用する人が以前よりも増加しました。さらにIT化が促進され、PC作業をしなければならない機会が増えたことにより、目に負担をかけやすい環境となっています。特にPCをはじめとしたデジタルデバイスの与える影響は大きく、画面を見る際にまばたきが減ることによる目の乾燥や、ディスプレイから放出されるブルーライトによるダメージなど、普段長時間使うことが多いからこそ無視できないことが多くあります。

目の障害はいろいろありますが…

目の障害で多いのがドライアイです。この記事を読んでいる方にも心当たりのある方はいるのではありませんか?コンタクトレンズを長時間付けてしまうと、目が裸眼時よりも酸素と水分の少ない状態に陥ります。普段はメガネを着用していて、たまにコンタクトレンズを使うという生活であればまだ良いのですが、日常的にコンタクトレンズを使い続けるとドライアイになりやすく、さらに普段からPCやスマホなどブルーライトを浴びることが多ければ最悪な状態です。

ドライアイの方にもおすすめのコンタクトは?

コンタクトレンズは全て同じと思われているかもしれませんが、そうではありません。目の乾きにも強いコンタクトレンズがあることをご存知ですか?WAVEというコンタクトレンズは、薄く裸眼に近い点、潤いを保持する性能が他のコンタクトレンズより優れている点、装着性が高い点がドライアイの方に評判のコンタクトレンズです。ドライアイに悩んでいるという人は、従来品よりも保湿力が2倍と高いこのコンタクトレンズを使うのがおすすめです。普段はドライアイの症状や目の乾燥をあまり感じないという人でも、乾燥シーズンの冬になると多少は乾燥感を覚えることもあるでしょう。その時期にWAVEを使ってみるだけでも、WAVEの潤いを保持する性能を実感できると思いますよ。何よりWAVEは安いので、トライアルと考えてみても損なことはないはずです。

いかがでしたでしょうか。ドライアイの人は目薬を使う人も多いでしょうが、差しすぎるのも目によくありません。涙液中の油分や抗菌成分なども洗い流してしまい、目の乾燥や異物感につながることがあるので注意です。そのため、目薬を使うのは目の乾燥感をすぐに解消しなければいけない時やコンタクトが目に張り付いて外れない時のみなどにしましょう。コンタクトレンズ自体を変えてみることで、ドライアイの症状が軽減されることがあると思います。まずは1か月分、お試ししてみてください。

おまけコラム:WAVEはなぜ安い?

先ほどご紹介したWAVEコンタクトレンズは、他社製品と遜色ない性能を持っていながら、他社製品よりもずっと安いですよね。1箱平均1,550円は、他社製品と比べても1,000円近くの価格差となることもあります。では、なぜWAVEはこんなに安いのでしょうか?秘密は、ネット通販のみであるという点も大きく関係しているとは思いますが、やはり一番は自社で開発から製造、販売まで行っているということではないでしょうか。セブンイレブンなどでおなじみの「セブンプレミアム」のように、自社で商品を開発し流通させることで、他社製品よりも販売価格を下げることができます。詳しくは「プライベートブランド」などで検索すると分かります。シンシアやシードといった有名メーカーと提携しているため、安いからといって品質に不安が、ということもないのも嬉しいポイントですね。

【更新日:2019年8月30日】